タグ:立体造形 ( 8 ) タグの人気記事
10月 橋本敦史展 「Ruler -支配者-」
ようやく待ちに待った秋らしい好季節がやってまいりました。
今回は、貴重な体験をもとに表現した、力強い立体作品です。
2年ぶり3回目の個展の作品の移り変わりを、ぜひご高覧下さい。

f0191908_1993176.jpg

Ruler       支配者
          橋本敦史

      2013.10.23(水)~11.4 (祝・月)
              29(火)休廊
           pm1:00~pm7:00

         2007年、私は自己を失った。
    物事を認識出来ない自分や、豹変した人格の自分。
       曖昧な記憶の中にある自分は誰。
         私はそいつを捕まえたい。


京都・紫野のギャラリー artspace感 HP
by artspace-kan | 2013-10-02 19:19 | 展覧会
安見友太展 好評のうちに終了いたしました。
桜の木の彫刻から生れる作品は観る方の心を動かし、
次回への期待を残して終了いたしました。

今回の展覧会は『おかけんた』さんにもご高覧頂いて、
ブログで紹介していただきました!
いつも普通の携帯がけんたさんの手に掛ると百倍力を発揮!
思いもかけない角度から撮影されて(その為には床に寝転ぶ事もお構いなし!)
作品を生かす素敵な写真と、確実な視点でご紹介して頂いていますので、ぜひご覧下さい。
その様子はこちら→http://nicevoice.laff.jp/blog/2012/05/post-db56.html
f0191908_13122257.jpg


また、6月2日京都新聞「美術欄・ギャラリー」にも、著述家、沢田眉香子さんが
「アンモナイトがチョウになり、電球が花になる。作品の中で、形の変容を見せる彫刻。
 ノミ跡を残した表面には、木の魂から作品への変容の過程もしのばせる。」
と短いけれど的確なコメントでご紹介頂きました。




京都・紫野のギャラリー artspace感 HP
by artspace-kan | 2012-06-10 12:58 | artist
立体劇場  -記憶の中で嘘が舞う-
5月22日より始まっております 
安見 友太による木の立体作品展。

会場の様子と作品近景です。
f0191908_15133095.jpg

f0191908_15134324.jpg


安見 友太
立体劇場  -記憶の中で嘘が舞う-
2012.5.22tue - 6.3 sun
13:00-19:00
休廊日 5月28日tue
f0191908_15135568.jpg




京都・紫野のギャラリー artspace感 HP
by artspace-kan | 2012-05-27 15:17 | 展覧会
橋本敦史展 終了いたしました
異なる素材(ステンレスとひのきのカンナスライス)を使い、
それぞれの持つ特性を生かして、緊張感のある作品と、和室の暖かなイメージの
同サイズの作品が、共鳴しあっていい空間を創り上げました。
2年前の「円い記憶」とはまったく違った作品・空間を発表しました。
少しですが写真をアップします。
f0191908_16464595.jpg
f0191908_16465948.jpg





京都・紫野のギャラリー artspace感 HP
by artspace-kan | 2011-04-26 16:43 | 展覧会
2011年もどうぞよろしくお願い申し上げます
f0191908_17172798.jpg



今年初めの展覧会は桜の咲くころ、4月12日-24日 橋本敦史展(立体) を予定しています。
DMが出来ましたら近々こちらのページにて紹介いたします。




京都・紫野のギャラリー artspace感 HP
by artspace-kan | 2011-01-15 17:15 | 展覧会
高田洋一展 終了しました。
f0191908_17391287.jpg
人が動くときの緩やかな空気の流れ
その流れによってふんわりと動く作品たち
f0191908_17393178.jpg
周りの喧騒を忘れる空間に
訪れた方たちも時を忘れて楽しんでおられました。



京都・紫野のギャラリー artspace感 HP
by artspace-kan | 2010-10-18 00:34 | artist
10月展覧会のお知らせ 「高田洋一」展 
今回の展覧会は、京都のギャラリーが10月の1ヶ月間を『アートマップ月間』と打ち出し、
京都のアートシーンと時代の変化を映し出し、次の10年へと向かうKYOTO ART MAPに参加しています。
当ギャラリーでもMAPを配布しておりますので、ぜひご来場いただきたいと思います。

f0191908_14273176.jpg
美しい庭に出会う。
自然のままに放置されているようなその佇まいを美しいと感じる。
ところがその庭は、誰かが掃き清めた後に、改めて集めてきた葉を注意深く配置したものであった。
”偽装された自然”は自然以上に自然を表現しようとする思いだ。
ギャラリーの中に木漏れ日が揺れる部屋を偽装する。
                                               高田 洋一


2010.10.5.tue ~ 10.17.sun
pm1:00 ~ pm7:00
10/14 木曜日休廊

初日 5日(火) 17:00アーティストトークを開催いたします。
作家とともにスペシャル・ゲストも予定しておりますので是非ご来場ください。


京都・紫野のギャラリー artspace感 HP
by artspace-kan | 2010-09-30 14:32 | 展覧会
<Artist News> 第11回鹿島彫刻コンクールに入選
昨年4月にアートスペース感で始めての企画展を開催した作家、橋本敦史さんが、
第11回鹿島彫刻コンクールに応募、厳しい審査の結果、450名の応募者の中から
入選、8名の入選者との展覧会が、鹿島建設の自然感溢れる素的な空間で
開催されました!
来年のアートスペース感での橋本敦史展が今から楽しみです♪

会場の様子・・・
手前の黒の木彫とシルバーの球体の作品が橋本さんの作品です。
f0191908_17155296.jpg
f0191908_17161997.jpg


京都・紫野のギャラリー artspace感 HP
by artspace-kan | 2010-03-21 16:47 | artist